村上雅彦研究室

村上雅彦研究室

 

健康心理学科,村上研究室の全天球イメージを撮影しました. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

村上 雅彦 講師

専門分野:スポーツ心理学

所属学会:日本スポーツ心理学会、日本体育学会、日本健康心理学会ほか

研究室:庄屋学舎A号館309研究室

大阪人間科学大学フットサル部顧問

レクリエーション・インストラクター

キャンプ・インストラクター

 

講義・在室の予定

2017(平成29)年後期

 

1時限(9:00-10:30)
 
 
 
会 議
研 修
2時限(10:45-12:15)
研究室
オフィス
アワー
オフィス
アワー
 会 議
 研 修
3時限(13:00-14:30)
スポーツ心理学
 プレ演習
健康スポーツ科学Ⅰ
会 議
 研 修
4時限(14:45-16:15)
心理学演習Ⅰ
研究室
研究室
会 議
研 修
5時限(16:30-18:00)
心理学演習Ⅱ
健康スポーツ科学Ⅱ
研究室
会 議
研 修
18:30-
 
 
フットサル部ミーティング
 
 

 

 

担当科目

  • スポーツの心理学
  • メンタルトレーニング論
  • レクリエーション概論
  • 健康スポーツ科学Ⅰ
  • 健康スポーツ科学Ⅱ
  • 心理学応用実習Ⅰ(アセスメント)
  • 心理学演習Ⅰ
  • 心理学演習Ⅱ
  • FA演習
  • プレ演習

 

過去の卒論タイトル

【2016(平成28)年度】 第13期生(健康心理学科第9期生)7名

  • 女子バスケットボール選手におけるバリアエフィカシーが試合中のフロー及びパフォーマンスに及ぼす影響
  • 女子バスケットボール選手における目標志向性が試合中のフロー及びパフォーマンスに及ぼす影響
  • 女子バスケットボール選手における内発的動機づけが試合中のフロー及びパフォーマンスに及ぼす影響
  • モデリングがスポーツ選手のパフォーマンスに及ぼす効果
  • 大学スポーツ選手における集団凝集性がパフォーマンスに及ぼす効果
  • 大学生のスポーツ経験と日常ストレスとの関連性
  • 大学生における競技スポーツと健康の関連性

 

【2015(平成27)年度】 第12期生(健康心理学科第8期生)10名

  • バスケットボ